血圧について知っておくべきこと

知っておきたい血圧のこと 私達の体の中には、血液が流れています。心臓から送り出された血液が、血管の壁を内側から押す力の事を「血圧」といいます。

一般には動脈の血圧のことで、血液が血管を通って酸素や栄養分を運び、二酸化炭素や身体にとって、いらないもの(老廃物や炭酸ガス)を静脈から回収して心臓に戻ってきます。 この血液の循環をコントロールしているのが心臓です。心臓は、強い力でポンプのように血液を全身に送り出します。心臓は1日におよそ10万回も縮んだり(収縮)ふくらんだり(拡張)を繰り返しています。

血圧は「上」「下」の2つの数字で表されます。心臓が縮んで、血液を送り出すときの大動脈の内圧のことを「収縮期血圧」、最高血圧、最大血圧、上の血圧などともいわれます。収縮した心臓が元にもどり、心臓が拡張し酸素を運んで戻ってきた血液を心臓へ溜め込むときの動脈の内圧のことを「拡張期血圧」、最低血圧、最小血圧、下の血圧などともいわれます。これらのいずれか一方が正常値よりも高いと高血圧、低いと低血圧と診断されます。上と下の差を脈圧と呼びます。

健康な人の血圧は、血圧が上昇すると、血圧反射機能によって、自律神経を介した制御が行われます。これによって、心拍数が減少したり、血管が拡張したりしながら、血圧は正常に保たれます。 健康な人でも、加齢によって血圧は上昇する傾向にあります。

高血圧症は、本来弾力性がある血管の壁が、高血圧状態が長く続くと恐ろしいことに、血管が次第に硬く厚くなっていきます。これは高血圧症による動脈硬化で、心臓系、脳血管障害などの原因となるなど、様々な問題が引き起こされることから、放っておくと危険とされています。

合併症を起こす危険性も高く、生活習慣の改善や治療が必要になります。 また低血圧症についても、一般的には軽視する傾向にありますが、症状が重くなると危険で、疲れが取れにくかったり、慢性的に体がだるいなどの症状の他に、耳鳴り、動悸、息切れ、さらには、脳貧血で意識を失いやすいなどの症状が出る事もあります。